京都で新築一戸建てを建てるなら!土地探しのポイントと注意点とは?

公開日:2023/08/15  

ホーム

京都で新築一戸建てを建てる際に、多くの方が直面する問題が土地探しです。京都は、建築できる建物の構造や外観が制限されているなど、土地探しに苦労する方が多いです。何も知らずに土地を購入してしまうと、希望の建物が建てられなかったということになりかねません。この記事では、京都で土地を探すポイントと注意点について解説します。

京都で新築一戸建てを建てる前に土地選びで重要なポイント

京都で新築一戸建てを建てる際に土地選びで重要なポイントについて紹介します。

建築できる建物の色やデザインを確認する

京都には重要文化財や国宝に指定されている建造物が多く存在します。

そのため、他エリアと比べて街の景観を守るための条例が多く指定されています。たとえば、外壁材には漆喰(しっくい)や土壁など、古くからある仏閣や神社に調和するような素材しか利用できないエリアがあります。

このような条例を知らずに土地を購入すると、理想の建物を建てられない可能性もあるため、事前に調べておくようにしましょう。

地盤が強固であるか確かめる

京都市役所によると、京都市は南海トラフ地震の際、震度5〜6の揺れが生じると予測されています。

そのため、新築一戸建てを建てる際は、地盤が強固である方が望ましいといえます。通勤や通学の都合上、地盤が軟弱とされるエリアに建てざるを得ない場合、地盤補強などの対策を講じるようにしましょう。

地域の風習や文化を理解する

京都は能や狂言、茶道などの伝統文化が今も根付いている街です。

そのため、地域の風習や文化を体験できる催しが毎週のように開催されているエリアもあります。新築一戸建てを建てる際は、その地域の文化や風習を理解した上で土地を選ぶと、住んだ後のギャップが少なくなるでしょう。

日当たりや風通しの良さを考える

快適な住環境を叶えるためには、日当たりや風通しが良い土地を選ぶこと重要です。

京都はエリアによって、隣家との間隔をほとんど確保できず、日当たりや風通しが期待できない場合があります。周囲の建物や樹木の影響を考慮し、建物の配置を検討するようにしましょう。

京都での土地探しにおける価格や立地、周辺環境などの注意点

京都で土地を探す際に、注意しておきたいポイントについて紹介します。

価格

京都市内はとくに人気があり、ある程度価格を上げても購入者がみつかるため、土地価格が比較的高額な傾向にあります。

とくに、観光地や文化遺産が集まる中京区や東山区では、一坪あたりの単価が100万円を超えるような土地も珍しくありません。

土地と建物をバランスよく購入できる地域やエリアで土地探しをすることが重要です。土地と建物どちらを大事にしたいか家族で話し合い、希望エリアを決めるようにしましょう。

立地

京都市内は、観光地や商業地域、住宅地など、様々なエリアがあります。

土地を探す際には、家族構成やライフスタイルスタイルに合う立地を選ぶようにしましょう。たとえば、駅やバスなど公共交通機関に近い場所、自然豊かで落ち着いた街並み、商業施設が近くにある賑やかな街並みなど、希望する条件に優先順位をつけて土地探しをすることが重要です。

周辺環境

京都は南北に長く伸びており、エリアによって気候や周辺環境が大きく変わります。

たとえば、京都市内は歴史的建造物が多く残る地域もあれば、新しくできた商業施設が立ち並ぶ地域もあります。家族が望む環境を考慮し、周辺の施設や気候条件などを事前に調べておきましょう。

京都で土地探しをするときのチェック方法や不動産会社の活用法

京都は他エリアと比べ、エリアごとの条例や土地価格に差があるため、土地探しが難航する傾向にあります、以下では、土地を効率よく探すために、京都で土地探しをするときのチェック方法や、不動産会社の活用法について紹介します。

土地探しのチェック方法

土地探しのチェック方法には以下のようなものがあります。

インターネット

SUUMOなどのポータルサイトや、地元の不動産会社が運営しているウェブサイトを利用して、土地を探していく方法です。

条件に合致する土地情報があれば、問い合わせるようにしましょう。

折込チラシ

自宅に投函される広告やチラシに目を通すことも重要です。

中には、インターネット公開前の土地情報が掲載されていることもあります。

実地調査

実地調査とは、探している土地の周辺を実際に訪れ、物件周辺の環境や土地の状態を確認することです。

売り出し中の土地には、立て看板が設置されているので、エリアを散策し販売中の土地がないか探してみましょう。

不動産会社の活用法

条件に合致する土地を効率よく探すためには、不動産会社を活用することも大事です。

まずは、希望条件を明確にした上で不動産会社に伝えるようにしましょう。希望条件とは、土地の広さや価格、立地条件などです。具体的に希望条件を伝えることで、不動産会社は条件に合う土地を紹介してくれます。

また、希望する地域に詳しい不動産会社と面談することも重要です。地元の不動産会社は、掘り出し物の物件情報を持っていることもあり、希望する土地を相場より安く購入できる可能性があります。

まとめ

今回は、京都で土地を探すポイントと注意点について解説しました。京都で土地を探す際は、探しているエリアの条例を確認することが重要です。京都には、歴史的建築物が多く、歴史的建築物との調和を図るため、建てられる家の外観や構造が制限されていることが多いためです。しかし、条例は素人目ではわかりにくいものも多く存在します。土地探しで失敗しないために、不動産会社を上手く活用して理想のマイホームを建ててください。

 



WEBアンケートで人気の業者を厳選!京都市のハウスメーカーを徹底比較 ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

新築戸建てをいかに高く売却できるかは、タイミングと戦略が鍵です。本記事では、新築戸建ての売却額の目安、高く早く...

続きを読む

新築や築浅の物件を売却する際、適切なタイミングの選択、様々な注意点への配慮、そしてスムーズな売却プロセスの理解...

続きを読む

不動産市場でよく耳にする築浅物件ですが、その実態はどういったものでしょうか。この記事では、築浅物件の定義、メリ...

続きを読む

新築住宅を手に入れる喜びは大きいですが、固定資産税の支払いが気になるところです。本記事では、一戸建て住宅の固定...

続きを読む

新築住宅を探す際、どういった建物が新築物件なのかという特徴を正確に理解することで賢い住宅の選択ができます。本記...

続きを読む

夢のマイホームを実現するための新築住宅の建設は、多くの工程を経て形になります。この記事では、地盤調査から竣工検...

続きを読む

日本の住宅市場において、新築の大多数を占める木造住宅。その普及の背景にはどのような理由があり、木造住宅が持つメ...

続きを読む

住宅市場において「新築」、「未入居」、「築浅」という用語は頻繁に使われますが、これらの違いを正確に理解していま...

続きを読む

  住宅の購入を検討されている方の中には、新築一戸建てとマンションどちらにするかで悩まれている方も多...

続きを読む

新築と中古の住宅、どちらが自身に合っているのか迷っている人もいるのではないでしょうか。新築は、最新の間取りや設...

続きを読む