新築一戸建てとマンションを比較!自分に合った住まい選びのポイント

公開日:2023/10/15   最終更新日:2023/08/10

 

!住宅の購入を検討されている方の中には、新築一戸建てとマンションどちらにするかで悩まれている方も多いのではないでしょうか。新築一戸建てとマンションにはそれぞれ違う魅力があり、自分にあった住まいを選ぶことが大事です。この記事では、新築一戸建てとマンションを比較した上で、住まい選びのポイントについて紹介します。

「新築一戸建て」と「マンション」それぞれの魅力を知ろう

 新築一戸建てとマンションには、それぞれ違った魅力があります。以下では、それぞれの魅力について紹介していきます。

新築一戸建ての魅力

プライバシーを確保できる

新築一戸建ては、マンションのように上下左右に隣人が住んでいません。家族だけの空間を持てることは、プライバシー確保に繋がり家族やペットとの生活を送りやすい環境をつくれます。

間取りや設備を自由に変更できる

新築一戸建ては、趣向やライフスタイルに合わせたカスタマイズが可能です。家族構成の変化に伴い、間取りや設備を自由に変更できるため、その時々の環境で理想の住まいをつくれるでしょう。

庭をつくりやすい

家族や友人を招いてのパーティーやバーベキュー、庭での遊びなど、外のスペースを活用した住まい方が可能です。

マンションの魅力

共有施設が充実している

タワーマンションや大型マンションの場合、プール・ジム・カフェスペースなどの共有施設が充実していることが多いです。

たとえば、トレーニングを日課にしている方は共有施設にジムがあることで、ジムへ移動する時間が短縮されるというメリットがあります。ライフスタイルに合う共有施設がある場合は、マンションの大きな魅力になるといえるでしょう。

一方、共有施設が充実しているマンションは、管理費が高額になる場合もあるので注意しましょう。

セキュリティ性

マンションには、オートロック機能や防犯カメラ、モニター付きインターホンなど厳重なセキュリティ対策がされていることが多いです。

マンションによっては、ホームセキュリティや警備員が常駐していることもあり、これらのシステムがあることで不審者がマンションに立ち入りづらく、防犯面で安心できるといえるでしょう。

維持管理のしやすさ

一軒家の場合、建物の維持管理や修繕は自身で行わなければいけません。

一方、マンションの場合、一般的に維持管理や修繕は管理会社が行うので、維持管理がしやすく入居者の負担を軽減できるといえるでしょう。

家族構成やライフスタイルに合わせた住まい選びのポイントとは

家族構成やライフスタイルによって、選ぶべき住まいのかたちは異なります。

以下では、住まいを選ぶ上で考えたい代表表的なポイントについて紹介します。

居室数や間取り

家族構成によって考えるべき居室数や間取りは違います。

そのため、必要な居室や間取りを事前に考えることが重要です。たとえば、完全二世帯住宅を考えている場合、浴室やキッチンなどを世帯ごとに用意しないといけないため、通常より間取りに十分な広さを確保しなければいけません。

ライフスタイルに合わせた設備や施設があるか

ライフスタイルに合わせた設備や施設があるのか、つくれるのか検討しましょう。

たとえば、在宅で仕事をする場合は、書斎など自宅に仕事できるスペースを確保しておく必要があります。スポーツをする機会が多い方は、庭やトレーニングルームなどの運動できるスペースがあると便利でしょう。

住環境や周辺の施設・環境

住環境や周辺の施設・環境も、住まい選びには重要です。

ライフスタイルによって、何が近くにあるか便利か違うため、事前に検討しておきましょう。たとえば、通勤や通学で電車を利用する方は、駅に近い物件を選ぶと便利でしょう。

将来的な視点から見た新築一戸建てとマンションの暮らしやすさを比較

新築一戸建ては、将来的な暮らしやすさを考えたときに、以下のようなメリットがあります。

将来的に家族構成やライフスタイルが変化した際、変化に合わせた間取りや設備にリフォームしやすい

住宅ローンの返済が終われば、駐車場を含めた住居費がかからないため、経済的な負担が軽減される

庭を活用することで、家庭菜園や園芸など自宅でできる趣味を謳歌しやすい

一方、マンションは将来的な暮らしやすさを考えたときに、以下のようなメリットがあります。

徒歩圏内に駅があるなど、利便性の良い立地にあるため将来的な生活利便性が高い

マンションは、年の近い居住者が入居しやすいため隣人とのコミュニティが形成されやすく、将来的な交流につながる

ワンフロアにリビングやキッチン・寝室・浴室・トイレなどの空間があるため、室内がフラットで移動が楽になる

以上のように、将来的な視点から見ると、新築一戸建てとマンションにはそれぞれ違う魅力があります。自身のライフスタイルや将来的に叶えたい暮らし方に合わせて、どちらにするか選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、新築一戸建てとマンションの魅力を紹介した上で、住まい選びのポイントについて解説しました。新築一戸建てとマンションには、それぞれ違う魅力があります。住む人によって、どちらが向いているかは異なります。また、現時点だけではなく将来の暮らし方まで考えた上で、どちらにするか検討することが大事です。将来のライフスタイルや住まい方を家族で話しあった上で、どちらにするか決めるようにしましょう。

 

WEBアンケートで人気の業者を厳選!京都市のハウスメーカーを徹底比較 ランキング1位はこちら

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

新築や築浅の物件を売却する際、適切なタイミングの選択、様々な注意点への配慮、そしてスムーズな売却プロセスの理解...

続きを読む

不動産市場でよく耳にする築浅物件ですが、その実態はどういったものでしょうか。この記事では、築浅物件の定義、メリ...

続きを読む

新築住宅を手に入れる喜びは大きいですが、固定資産税の支払いが気になるところです。本記事では、一戸建て住宅の固定...

続きを読む

新築住宅を探す際、どういった建物が新築物件なのかという特徴を正確に理解することで賢い住宅の選択ができます。本記...

続きを読む

夢のマイホームを実現するための新築住宅の建設は、多くの工程を経て形になります。この記事では、地盤調査から竣工検...

続きを読む

日本の住宅市場において、新築の大多数を占める木造住宅。その普及の背景にはどのような理由があり、木造住宅が持つメ...

続きを読む

住宅市場において「新築」、「未入居」、「築浅」という用語は頻繁に使われますが、これらの違いを正確に理解していま...

続きを読む

  住宅の購入を検討されている方の中には、新築一戸建てとマンションどちらにするかで悩まれている方も多...

続きを読む

新築と中古の住宅、どちらが自身に合っているのか迷っている人もいるのではないでしょうか。新築は、最新の間取りや設...

続きを読む

京都で新築一戸建てを建てる際に、多くの方が直面する問題が土地探しです。京都は、建築できる建物の構造や外観が制限...

続きを読む