開放感が魅力!天井高が高いと快適性がアップする?

公開日:2022/09/15   最終更新日:2022/08/26


マイホーム計画を立てる際、住まいの間取りだけでなく、どのようにすれば部屋が広く見えるのか、開放的な空間になるのかというようなことも考えるのではないでしょうか。限られた土地の広さでより広々と感じられる住まいにしたい場合、天井の高さを考えるのが良いと言われています。この記事では、天井高についてまとめています。

天井高で変わる部屋の印象と平均的な高さ

天井高とは、室内の床面から天井までの高さで、建築基準法により居室で最低でも2.1メートルの高さを取るように決められています。高い天井は魅力的ではありますが、高くすればするほど良いというものでもありません。高くすることは、メリットもあればデメリットもあります。

どれくらいの天井高が望ましいかは、住まい全体のバランスも考える必要があるでしょう。

平均的な高さとして、マンションでは2.4メートルから2.5メートル、戸建ての場合は2.2メートルから2.4メートルが多くなっています。海外の住まいを意識して2.7メートルから3メートルとかなり天井高を出している物件もあります。

天井高が高い家のメリット

天井高が高い場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットをまとめておきます。

開放感のある住まいになる

天井が高いことで、縦の空間が広がります。それにより開放感を感じやすくなります。上を見上げてすぐに天井だと圧迫感もあり、部屋全体が窮屈な印象になってしまうのです。高さを出すだけで、高い家具を置いても圧迫感が出にくいです。家族全員が集まるリビングやキッチンだけでも天井高を高めにしておくと広さを感じやすくなるでしょう。

光を取り入れやすくなる

天井を高くすると、窓を高い位置に取り付けやすくなります。高い位置に窓があることで、より日光の光を取り入れやすくなることから、部屋が明るくなります。周囲に高い建物が多い場合、日当たりが気になりますが、天井高を高くして高めの位置に窓を取り付ければこの悩みも解消できるでしょう。

高級感を出せる

天井高を高くすれば、照明器具にもこだわれます。たとえばシャンデリアを取り付ければ高級感が出せるでしょう。家具も背の高いものを配置するとおしゃれな雰囲気になります。

子育てに最適

天井の高い住まいは、明るさと開放感があります。そのような空間は、子育てでも良いとされていて、お子さんのストレスを緩和してくれるでしょう。ゆとりがある空間なので、気持ちも和らぐと言えます。

収納スペースが増える

壁が高くなる分、高さのある収納棚を置くことができますし、壁を使った収納スペースを設けやすくなります。このことから、収納スペースが増やせると言えるでしょう。収納で悩むことが多いなら、天井高を高くすることもおすすめです。

デメリットもあるので注意!

天井高が高い住まいには多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

使用する資材が増えてしまう

天井を高くするために使用する資材が増えてしまいます。これにより住まいを建てる際の費用が上乗せされてしまうということが言えるでしょう。壁だけでなく、柱や窓など色々な追加費用がかかります。

天井が高いことで落ち着かない場合も

天井が高い住まいは、広々とした空間になると言われていますが、高すぎることで落ち着かないという場合もあります。たとえば、リビングは天井高が広いほうが心地良く過ごせますが、寝室は天井が高すぎると落ち着かないという人も多いのです。

冷暖房費が高くなりやすい

天井が高いと、部屋の温度調整が難しくなります。高さがある分、部屋が冷えにくい、温まりにくいということが起こるからです。冷暖房を長くつけなければ効いてこないということもあり、電気代がかさんでしまう可能性があります。

窓の大きさにカーテンが合わない

天井が高い場合、窓を大きくしやすいです。しかし、窓を大きくしてしまうと、市販されているカーテンでは合わないということが起こってしまいます。オーダーメイドのカーテンが必要になることから、費用がかかってしまうと言えるでしょう。

高い所のお手入れが大変

天井が高くなる分、照明器具も高い位置につくことになります。照明器具の掃除や壁の掃除、窓の掃除など高い場所の掃除やお手入れが大変になってしまうと言えるでしょう。状況によっては、自分ではできずプロに任せなければならないということも出てきます。

まとめ

開放感が魅力的な天井高の高い住まいについてお伝えしました。天井の高い住まいは、メリットもあればデメリットもあります。どちらも理解したうえで、天井の高い住まいにしたいという場合は、天井高のある住まいを沢山施行されている会社に相談してみるようにしてください。さまざまな施工事例から、より理想の住まいに近い形を見つけてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

マイホーム計画を立てる際、住まいの間取りだけでなく、どのようにすれば部屋が広く見えるのか、開放的な空間になるの...

続きを読む

マイホームを購入する際は、購入前に確認しておきたいことが色々とあります。その中のひとつに、購入後の保証やサポー...

続きを読む

株式会社 清栄コーポレーション 住所〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下ル秋野々町514番 清栄ビル京...

続きを読む

憧れの新築一戸建てを手に入れたくても、一括で高額の住宅を購入することは至難の業です。そこで、多くの方が住宅ロー...

続きを読む

住宅を購入する際には、多くの方が住宅ローンを活用しています。住宅ローンはその他の種類のローンよりも低金利で優遇...

続きを読む

住宅を購入することは大きなお買い物となるため、費用をどうするか悩まれる方は多いでしょう。そこで、大切な住宅の購...

続きを読む

新築一戸建て住宅の購入を考えているけど、なるべく安く手に入れたい。買った後で後悔したくない。値下がりしにくいポ...

続きを読む

建設工事が完了すれば、いよいよマイホームの引き渡しです。しかし、ここでトラブルが発生することがあります。トラブ...

続きを読む

新築を建てても泥棒に入られたらたまったものではありません。泥棒に入られると財産を奪われるだけではなく、最悪命ま...

続きを読む

耐震診断は築年数が古い建物で実施されるといったイメージもありますが、新築住宅でも可能です。しかし、新築住宅は新...

続きを読む